HxCの利点、欠点について(2010.12.17時点)

  • 2010/12/17(金) 15:25:39

少しづつですが、HxCを使っている方が増えているようなので、これから導入を考えている方に、使い方とは別に現時点の問題点などを書いてみたいと思います。

HxCは34ピンで接続される殆どのフロッピーディスクドライブをハードウェアエミュレートできるものです。

いくつかの追加回路やテクニックは必要かもしれませんが、現時点でHeadQuartersに記載されている機種として国産のPC-88、MSX、X68000がありますが、それ以外にも私やquewsさんのコメントなどから、
PC-88シリーズ、PC-98シリーズ、FM77AV、X68000、MSXシリーズなどで動作可能なようです。

#X1、MZ-5500、FM7、PC-6601とか未確認ですが、34ピンならおそらく大丈夫だと思いますし、それ以外の規格であってもFDDのピンを変換して接続すれば動きます(PanasonicのMSXは28ピン(?)ですが、変換すれば問題ないです)
#ただMZ-1500などのクイックディスクは不明。

ディスクとしては3.5インチ、5.25インチのディスクで、2D、2DD、2HD、(320kbyte、640Kbyte、720kbyte、1.25Mbyte、1.44MByte)、ビットレートは250kb/s、500kb/sとおそらく一般に使用されている国内のディスクは殆ど問題なくエミュレート可能です。
#8インチや3インチなども海外のものではOKらしいですが、未確認です。

HxCは現在SDカードにフロッピーディスクイメージのファイルを入れて、SDカードを挿入して2ドライブを1つのHxCでエミュレート可能なものと、PCとUSB接続してPC上でイメージをUSB経由で転送して1ドライブをエミュレート可能なものの2種類あります。

とりあえずSDカードのものに関して、まとめてみます。

続きを読む