System16Cでのファンタジーゾーン2・リメイク版への道 その4

  • 2010/07/26(月) 15:52:23


今回は焼き方です。

というかEPROMライターとかはあることが前提ですけど。
一応最高で32ピンのmbm27c1000の1Mbitまで焼ければ大丈夫と思いますが、以前に買ったと書いたTOP2049はなんとそのままでは焼けませんorz。

安かろう、悪かろうなのかやっぱり中華はなーって感じです。
一応、一番新しいwin版のソフトにアップデートされているTOPWIN6 Ver6.30fでやってみましたがダメでした。
#ちなみにTOPWIN6の最新版などはここからどうぞ。

こまっていたところ、同じように困っている方の世界の果ての御美箱 - ブログ版というblogを発見。
同じ感じで焼けないためにピンの変更する基板を自作されて、MBM27c1001として書き込めるようでした。

ちなみにMichael Buesch氏がLinuxで使用できるOpen SourceのTOP2049用ソフトを開発されていますが、如何せん対応デバイスが極端に少ない。
#というか自分が必要な分しか対応しないですよね、普通。
なので、こちらを利用してソフトウェアとしてEPROMの定義を作成しても焼けると思います。
#bitを定義、作成すればいいかな。

あとはTOPWIN6のチップの定義であるhogehoge.bitを変更、修正すればいいのかもしれませんが、どれがMBM27c1000の物なのか理解できず。(MBM27C1000.bitとかはなかった)
また、中身も何かのバイナリィになっていてどういう用に作成すればいいか不明でした。

なので私もピンの変更する基板を自作。それで焼いてみました。
他のROMライターを使っている方にはまったく関係ない話なので、適当に飛ばしてください。

続きを読む