HxC softwareで吸い出してみる(その1 吸い出し以前)

  • 2011/02/13(日) 08:59:58

なかなかパーツが届きませんので、データレコーダーのエミュはもうちょっと。
その間にいろいろなディスクなどの吸い出しに関してまとめてみようと思います。

エミュレータなどの利用に際しては、実機などからBIOSなどのデータ、ディスクのイメージなど吸い出すことが必要ですが、どうしてますか?

ディスクを吸い出す環境以前に、吸い出すメディアに問題があるとどうにもなりません。
ディスクの折れ、傷、カビなどでしょうか?
一つ参考になるリンクを。
福澤商店さんという、メディアなどの復旧をしてくれるショップの中のページです。
いろいろと物理的トラブルについて書かれています。

今までの経験から傷はどうにもなりませんでした。
ディスクの折れですが、これも結構どうにもならないのです。
ただ、ジャケットのみ折れている場合もありますので、この場合は一旦ジャケットを分解して、中を確かめてみるといいかもしれません。
運良く中は無事であれば、新しくジャケットに入れて吸い出すこともできます。
ダメだった場合、中だけを取り出して広辞苑などに挟んでみることで、一度だけ治ったことがありました。
でも大概はダメでした。

比較的よくあるもので、何とかなるのはカビかなと。
今回は古いメディアによくあるカビについて、私の対応方法をちょっと記載してみます。
ちなみにこの方法でメディアを壊したりしても責任は負いませんということで。

続きを読む

データレコーダーのエミュレータを作ってみたい(その1)

  • 2011/02/06(日) 07:51:54

だいぶ時間が空いてしまいました。
微妙に季節労働者なので、寒い時期は忙しいですw

さて、なにをしていたかというと、X68kのHxC使用に関しての回路を何とか1PICで出来ないものかといろいろやってました。
簡単にわかった限りではどうもタイミングが合わず、イマイチしっくり動いてくれていません。
また、1PICでは困難そうで、各ドライブごとの入出力を1PICでまかない、出力はオープンドレインのANDでまとめてやる必要がある感じ。
なので、回路は簡単になりますが、それなりかなと。
これは進展あったら、また書きます。

んで、タイトルのこと。
ちょっと行き詰ったので、PC-88などのテープが動くか久しぶりに試してみました。

結果、

全部ジャンクorz

分解などしましたが、テープのゴムベルトが腐っていたり(ファミコンのディスクと一緒)、何度やってもうまく閉まらなかったりと、散々です。

んで、「どうせだしwaveとかで再生するだけでいんじゃね?」って思いました。
折角なのでPICでSDカードのwaveとかmp3とかを再生できるもの作って、データレコーダーのエミュレータを作ったらどうかと。

いろいろ探してみると、PICでいろいろされているサイト発見。
YS電子工作ラボさまのページ内にある、こちら
PICでwavの録音、再生とmp3の再生が出来るものを作成されていました。
ということで、これをベースにいろいろ作ってみようと思ったのですが、

そこで、「っていうかipodとかでよくね?」という、声がw

いや!断じてそんなことないです。
ipodに出来ないデータレコーダーのエミュレーションを!
ということで、簡単に妄想仕様を、

waveはステレオ、44.1Khz、16bitのフォーマットで録音、再生。
mp3は再生のみ
fat32フォーマットのSDカード内でファイルを選択して再生可能。
録音もSD内へwaveで。上書きはせず新規ファイルを作成する。
PCの黒ライン(モーターオン)で、再生開始、録音開始を制御。
従来の資産を活用するため、cmtファイルやt88ファイルなども利用可能

これで、ipodを越えるはず!
ということで、早速パーツを通販してみます。
今、こんなとこ。
では