FDSLOADERでいろいろやってみる その1

  • 2010/09/12(日) 12:09:32

最近、例のごとくジャンクをあさっていると、キーボード、説明書、ROMカセットのセットで「ファミリーベーシック」を発見。


1000円でしたが、オークションなどで送料がかかることを考えれば安い買い物かと思い、ゲットしましたw。

以前修理したツインファミコンを使用し、問題なく動作、確認できました。
んで、なぜかウチには「ファミコン改造マニュアルVol.3」がありまして、この中で以前から気になっていた、ファミコンのディスクベーシックの作成方法が書かれていました。

これはトンカチエディターが必要なのですが、簡単にいうと、
1.ファミリーベーシックのPRG、CHRをそれぞれテープに保存。
2.トンカチエディターで、保存したPRG、CHRをテープから読み込み、ディスクへ保存するプログラムを入力。
3.トンカチエディターで、保存したディスクの中身を改造。
4.ディスクでベーシック起動できる。

という流れ。
ファミリーベーシックは2Kbyte程度しか容量がないものが、一気に8Kbyteまで容量が増えるという裏技です。

んで、昔のごにょごにょした、トンカチエディターを突っ込んでみました。

ERR.22 orz
もう、どうにもならないかと諦めましたが、そういえば以前から時々FDSLOADERなるファミコンのディスクを読み込んだりできるものがあることを思い出しました。
これ、実はRAMアダプターに書き戻すこともできるので、なんとかならないかやってみました。

続きを読む

ツインファミコンを修理

  • 2010/05/30(日) 10:49:51

東京出張のついでに千石電商へ立ち寄り、角のゴムベルトを購入してきました。
それを利用してついにツインファミコンを修理です。

アスカさんのサイトである、アナザーワールドのディスクシステム補完計画を参考に分解。

非常に丁寧に説明されており、特につまるところはありませんでしたが、最後のヘッドの調整が良くわからん!

ガシャっと音がするとか、平行になるとかが今ひとつ理解で来ませんでした。
#ちなみに個体差なのか、音はほとんどしませんでした。

こまっていると、ゆーすけさんのRock'n ゲーム三昧にディスクシステムのゴムベルト交換(完全版)を発見。
同じようなところで詰まっていたようで、非常に参考になりました。

ディスクシステム補完計画を参考にしていた場合、
「ここで印のネジを取り付けて三角板と基板を固定します。」
の次から、
ディスクシステムのゴムベルト交換(完全版)の
「5.裏面を見ながらゴムベルト取り付けギアを左方向に回し続ける」
につながります。
ただ、この「裏面」はヘッドのある方で、ヘッドが動いて行くのを確認しながら、裏側で手でゆっくり回していけば良いです。
また、行きすぎてもそのまま回しつづければ、なんどでも調整出来ます。
それからヘッドの位置を調整して固定すればいいです。

ここで今更ですが、ヘッドを固定しているネジは1.5mmの六角です。
これがないと調整できないので、その他は普通のドライバーでなんとかなりますが、手に入れておきましょう。

あと、大変だったのが、腐った張り付いたベルトの除去です。
ラッカーとかテープハガシとか、結構きついので取った方が綺麗にとれます。
自分は適当に取ったあとゴムを交換し、手で回している時に以前のゴムが当たらしいゴムに張り付き動かなくなりました。
なので、これでもかってほど良く見て腐ったゴムを可能な限り除去してしまいましょう。

そんでこんな感じ。



早速中古屋でゼルダを探してきます。
では

ツインファミコンを買ってしまう

  • 2010/04/08(木) 21:51:11

なんとなく近所であさっていると、ジャンクのツインファミコンを発見!



黒バージョンの連射付きモデルで、電源も付いていました。注意書きは完全ジャンクで、カセット、ディスクとも動作せずとのこと。
まあガワとして何かにつかってもおもしろいので購入。
315円でした!

続きを読む