HxCをPC-98x1シリーズで使う(その後の7)

  • 2012/01/20(金) 19:20:34

作成したデータセパレータを外付けでも使えるように改良してみました。

回路図はこれです。
って、手抜きな回路図です。2ピンに来ている2DD/2HDの切り換えをノッペラボードからの3.5mmピンジャックで入力するのと、34ピン-50ピン外付けを変換するようにしただけ。

できたのがこちら。

早速動作確認してみます。

とにかく家にあるPC-9801シリーズを全部引っ張りだしました。
と言っても、VX、UX、DA、BX4とEPSONの386Mしか所有してません。

ディップの設定は基本的に全機種同様です。
ディスクを1M(自動)とし、内蔵で使用する場合は内蔵を#1、#2へ、外付けの場合は外付けを#1、#2に設定し、HxCからブートすることを、2DD、2HDのイメージでそれぞれ確認です。

手に入れることができたノッペラボードはこの2枚だけ。
電源は外付けなので適当なATX電源から流用という状態。

まずはDAから。
内蔵した場合は既にためしているので、外付けで動作するかどうかです。

ノッペラボードとの接続はこんな感じ。
全く問題なく動作します。

つぎ、PC-9801UX、VX。

ディップはこんな感じで。

内蔵も。

外付けも問題ありませんでした。

つぎ、PC-386Mです。EPSONね。


で、分解してみると内蔵できないorz。

ということで外付けのみ確認ですが、問題なく2DD、2HDイメージが動作しました。

最後PC-9801BX4。

って、これ外付けの50ピンアンフェノールのコネクタないのね、知らなかった。

というわけで、内蔵だけ確認ですが、そもそも2DDの動作を前提に作成されていませんので、2HDしか認識しませんが動作します。

ということで、おそらくVM以降のPC-9801シリーズ(9821は除く)で、データセパレータをFDD側に必要な機種はこのデータセパレータで問題なく、動作すると思います。
また、2DD/2HDを切り換える2ピンの信号ですが、2HD時はNC、2DDはGNDで、ノッペラボードも全く同様に出力されていました。

こんなとこです。
折角なのでgarberから基板にしてみます。
では〜

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

秘密のコメント

ブログ管理人への秘密コメントです

  • 投稿者: -
  • 2012/02/04(土) 23:48:02
  • [編集]

秘密のコメントの方へ

コメントいただき、ありがとうございます。ご連絡させていただこうとしましたが、どうも入力されているメールアドレスが間違っているようです。申し訳ありませんが、再度コメントいただくか、私へ直接メールいただけませんでしょうか?
よろしくお願いいたします。

秘密のコメント

ブログ管理人への秘密コメントです

  • 投稿者: -
  • 2012/02/05(日) 21:58:47
  • [編集]

秘密のコメント

ブログ管理人への秘密コメントです

  • 投稿者: -
  • 2012/02/10(金) 19:15:50
  • [編集]

PC Technician

Hello there from Tulsa, Oklahoam (USA). I just happened to stumble across your old project here while being intensely bored with absolutely nothing to do. Looks like you sure had fun with this old NEC rig! :D Kudos for the effort my friend. How is the Fukushima plant doing these days? Are you still alive?
Send me an e-mail or by all means please add me on Facebook (Noah Benzing OR Noah Martin Benzing).

All the best,

Noah

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する