ATARI2800のフラッシュカートリッジ(ファームウェアの変更)

  • 2011/06/09(木) 08:21:44

続けてですが、ファームウェアのupdateについて書いてみます。
マニュアルにやり方が書いてあるのですが、ちょっと分かりにくいので。

SDカードとminiBタイプのUSBケーブルが必要ですが、それはいいですよね。

簡単に説明すると、ファームウェアのファイルサイズが大きいため直接アップデートできないので、一旦フラッシュカートリッジにファームを変更するソフトを導入し、SDカードにファームウェアのファイルを入れておく。
その状態で初期動作時にファームが自動更新される。
という2段階でアップデートできます。

まずは必要なファイルをダウンロードしましょう。
フォーラムより

ファームウェアなど、カートリッジとのやりとりする「Harmony Programing Tool」をダウンロード。
カートリッジとの通信にはFT232Rのドライバーがいるので、導入されてない場合はDriversの「here」のとこからダウンロードしてインストールです。


もうちょっと下の方に「harmony_105.zip」というファームウェアのファイルがあるので、これをダウンロード。
んで、インストールと

展開。




こんな感じでPCとカートリッジをUSBケーブルで接続。SDカードも認識している状態で。

「Harmony Programing Tool」を起動する。
カートリッジが認識されていると、右下が緑ボタンになるのと、下にカートリッジの容量などが表示されます。
まずはファームウェアを更新するためのカートリッジに導入するソフトを選びます。
先ほどダウンロードしたファームウェアのzipの中に「eeloader_104e_???.bin」というファイルがありますが、これは何故かうまく動きませんでした。
「Harmony Programing Tool」をインストールしたフォルダにある、以前のバージョンのeeloaderを使用しましょう。


「arm」というフォルダーにある、「eeloader_ntsc.bin」を選択します。
#日本では皆さんNTSCでいいよね?

選択したら、右のボタン「Download EEPROM」をクリック。

しばらくこんなウィンドウが出ます。
#うまくいかない場合はフォーラムで質問してくれって書いてありますよ。
次はアップデートするファームを選択です。
すでに最新のv1.05が入っているので、ダウングレードしてみます。

先ほどの「Harmony Programing Tool」をインストールしたフォルダにある「hbios_ntsc.bin」を選択(これはv1.03です)

その下のSD Cardの所にはSDカードのルートフォルダ(というかドライブ)を選択。
これで、

右にある「Copy HBIOS」を押すと一瞬で終了します。カートリッジ、SDをPCから取り外し、このカートリッジに今HBIOSファイルが入ったSDを挿入して、本体に入れ、

電源オンです。
しばらくすると、

BIOSのアップデートがうまくいったと表示されます。

ちゃんとv1.03になっています。
#あとでv1.05に戻しました。HBIOSファイルをダウンロードした「hbios_105_ntsc.bin」に選択する以外は同じです。

こんな感じ。
v1.05でメガドライブのパッドが使えるのはいいですね。
#というか使えないと、国内のATARI2800のコントローラのみでは致命的w

次はbatari Basicについて、書いてみます。
では

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する