System16Cでのファンタジーゾーン2・リメイク版への道 その3

  • 2010/07/25(日) 11:28:00

なかなかこんなブログを見る人は少ない上、更にマイナーなこんなことを書いて誰得なんだって感じですが、気にせずどんどんやります。

続きですが、MAMEで動くSystem16B版のファンタジーゾーン、ファンタジーゾーンタイムアタック版を実機のSystem16Bで動かしてみます。

といっても、System16Bを動かす環境にある人ってほとんどいないですかね?
ここでは、アーケード基板の動作のさせ方とか環境とかについてはバッサリです。

#いろいろなサイトや雑誌などあるので、ここで私がちょろっと解説するよりそういうので調べた方が役に立つと思います。


System16Bが動作できる状態であることが前提で進めます。

System16Bの手に入れ方はいろいろあると思いますが、一般的には基板屋さんやオークションで手に入れることになると思います。
最終的にファンタジーゾーン2・リメイク版を動作させることが目的ですので、ある程度System16Bを理解していないとわからないです。
System 16MAMEのソースとかCharles MacDonald氏のメモなどがSystem16Bの理解には役に立つと思います。

購入にあたって大事なのは、メインボードに差はないものの(分かる範囲では使用されているチップに変更があったりはしますが、互換チップになっているだけでした。)、ROMボードが4種類存在しているようです。
んで、ファンタジーゾーンコンプリートコレクションのマニュアルに非常に小さく、不鮮明ですが、ファンタジーゾーン2・リメイク版の改造されたボードの写真が載っています。
良く見るとわかりますが、おそらく171-5704のROMボードと思われます。
そのROMボードが載ったSystem16Bの基板を手に入れなければなりません。
MAMEソースを手がかりにすると、テトリス、フラッシュポイント、MVPなどが比較的安く手に入るかものではないかと思いますが、テトリスなどは何種類ものバージョンがあるため、購入時はROMボードの番号を確認しましょう。
#ちなみにファンタジーゾーンやタイムアタック版は171-5521でも動作することを確認していますが、171-5521はROM容量変更のジャンパが直接ハンダ付けされているのでいろいろ出来ないとこはないですが面倒です。
写真でみるとこんな感じ。

これは171-5704です。右の写真のようにディップスイッチになっているものです。


これは171-5521です。番号はROMボードの端に記載されています。

次に必要なのは、EPROMですか。
ROMボード上で確認できたEPROMは27c256、27c512とMBM27c1000です。
27c256、27c512はほとんど汎用でピン互換ですから、手に入りやすいものでいいかと思います。
問題は1MbitのROMで、1Mbitは各社かなりピンが異なっており、同じ富士通のMBM27c1000とMBM27c1001でも違うという困った規格です。
なので、できればMBM27c1000を手に入れた方がいいと思われます。
使用されていたのは150nsのものでしたが、私が手に入れた200nsでも問題なく動作はしました。
またピン互換がある1MbitのEPROMは27c301やTC571001などあるようですが、それらで問題ないかは確認していません。
#ピン互換であれば大丈夫とは思いますが。

さらに必要なものとしてDIPパッケージの10MHz以上駆動できるMC68000があります。
System16Bなどの時代のセガPCBはFD1094などの日立製CPUが載っていますが、これは中に68000のプログラムコードをデコードするためのKeyが載っており、当時のコピー基板防止のためのものです。
今回のファンタジーゾーンコンプリートコレクションにあるプログラムデータはそのままの68000で動作するプロテクトが掛かってないものですので、これを通常の68000へ変更しなければなりません。
問題は今の時代にDIPパッケージの10MHz駆動できる68000なんて簡単に手に入りません。
#少なくとも田舎にいる私はムリ。
メガドライブから取ろうかと思いましたがこれは8MHzのものなので、不安定だろうと断念。
結局、なんとか互換のSCN68000が手に入りました
他にもHD68000、TMP68000あたりがあるかと思いますが、手に入れたあとに思ったのが、ジャンクに近いような当時の安い基板を手に入れるのが早いかと思いました。
オークションなどで人気のないゲームであれば1000円以下ですので、それから外した方が安く簡単に手にはいると思います。

ここまで手に入ったら後は焼くだけ。
続く

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する