HxCをPC-98x1シリーズで使う(その後の6)

  • 2011/12/30(金) 12:30:59

前回の続きで3.5インチです。

で、3.5インチの問題は厄介です。
一般的な2モードのドライブは、2DDの場合は300回転、250Kbit/s、2HDの場合も300回転、500Kbit/sです。
#1Dとか2Dとかは知りません。
この回転数が300回転固定で遅いことから、2HD(1.44MByteフォーマット)の規格があります。
しかし、国内はそもそも8インチのドライブの規格を小型化したので、360回転、500Kbit/sで動作するFDDが2HDとされています。
そして2DDも同様に360回転300KBit/sと5.25インチと同様です。

一般的呼称 容量unformat
(kbyte)
容量format 一般的シリンダ数 面数 回転数(RPM) ビットレート(kbit/s) TPI maxBPI
2HD(1.44) 2000(?) 1.44M 77 2 300 500 135 17434
2HD(1.25) 1604 1.23M 77 2 360 500 135 14184
2DD(AT) 1000 720K 80 2 300 250 135 8717
2DD(国内) 1000 640K 80 2 360 300 135 8717
こんな感じ。違ってたらゴメンなさい。
#後で追記したりします。

このため、AT機で国内のPC-98でのディスクを吸い出す場合は回転数を変更できる3モードなるドライブが必要になります。

続きを読む

HxCをPC-98x1シリーズで使う(その後の5)

  • 2011/12/08(木) 22:41:51

ディスクの吸出しに関して記載してみます。
以前にも記載していますが、以前はPC-88なんかの5インチ2Dのことに関してでした。

PC-98x1はおそらく最も多くの媒体でOSやアプリケーション、ゲームが発表されているのではないでしょうか
#知りうる限り、8インチ2D、5.25インチの1D、2D、2DD、2HD、3.5インチ2DD、2HD(360回転、1.23Mなど)、2HD(300回転、1.44Mなど)、CDなどなど?
今回、8インチ、5.25インチの1D、2Dは割愛します。
#5.25インチの1D、2Dは以前の記事を参考でよいと思います。
#8インチはちょっとしたアダプターで利用可能です。
ということで、win機を利用して、HxC Floppy Emulator Softwareで5.25インチの2DD、2HD、3.5インチの2DD、PC-98などの360回転の3.5インチ2HDを吸い出す方法に付いて書きたいと思います。
Windows環境でドライブが認識されており、fdrawcmd.sysとHxC Softwareが導入済みである状態で始めています。
まずは5.25インチから。




続きを読む

HxCをPC-98x1シリーズで使う(その後の4)

  • 2011/12/07(水) 23:30:19

やっとできた。

って、なにが違うんだw

続きを読む