X68000でHxCを使ってみた(WIP)

  • 2010/11/06(土) 22:44:57

ちょっと時間が空きましたが、相変わらずHxCで遊んでいます。
PC-88、MSXとエミュレート出来ており、なかなか楽しめそうですが、不都合な点も段々わかってきましたが、それは追々ということで。

で、2D、2DDとくれば次は2HD(いわゆる日本の1.25とか1.23とか言われているやつ)ですよ。
公式サイトでもX68000でXDF形式やHDM(BKDSK)形式がサポートされていることが明記されていますが、フォーラムなど見ても、うまく動いているといった記載がはっきりとありませんでした。
#動いたという人がいましたが、その後続く人がいませんでした。

「360RPM, 500Kb/s, 8 1024Bytes sectors, 2 sides, 77 tracks floppy format」のみサポートと書かれていますが、これはX68000のみならず、PC-98などのMS-DOS(後期)のフォーマット、ディスクドライブと同一ですので、これがエミュレート可能であれば、PC-98なんかも問題なく使用可能と思われますし、いろいろとPC-98が現役なシステムでも役に立つはず。

サポートされているXDF、HDM(BKDSK)形式ですが、これは単純にセクターダンプしたベタデータでしかありませんので、HxC floppyemulator softwareでは、これを元に上記のフォーマットでデータを変換しているに過ぎないようなので、当然PC-98のMS-DOSフォーマットから作成された各種ゲームやアプリケーションのイメージもBKDSKなどに変換後、HFEに変換することが可能です。

ということで、本来はPC-98での使用と行きたいのですが、今回はとりあえず公式に記載されているX68000で動くかどうかやってみました。
#WIPなのは、後半呼んでいただければと思います。

マシンはこれ。



X68000PRO HD(なのにHDなしorz)です。

FDでのグラディウスがちゃんと起動しましたので、本体は問題ないようです。
それではやってみます。
#今回は長いです。
 

続きを読む