MSXを手に入れてしまう+HxC FloppyEmulatorで遊ぶ 

  • 2010/10/25(月) 17:42:20

またもジャンク購入ですよ。


というか、MSXはこんな感じで既に2台ありましたが、MSXとMSX2という内容。当然FDDもありませんでした。

ところが近所で、HB-F1XDJを発見。ゲーム開発ツールのディスクやマニュアルも付属しており、ぱっと見は綺麗だったので、購入(3150円)
ついでに見ていると、ソフトもいろいろあったので、購入(一本105円)
#写真はついでにまとめて撮影しました。



んで、現在のところ、ほんの少しですが、MSX関連はこんな感じ。
#以前はあんまりMSXに興味がなかったので、ドアドアmk2とかもあったんですが売ってしまいましたorz

早速、電源入れてみます。

問題なくカートリッジは動作しますね。
さて、肝心のFDDですが、

やっぱりだめかorz。
感触としてはFDDのベルトがダメな感じ。

やっぱりだめでした。
#またミツミか...
ベルトレスのドライブへ換装したり、ベルトを修復したり、PC/ATのディスクを接続したりとなにやらネットではいろいろ情報ありましたが、折角HxCがあるので、これを使ってみます。
#今まで、SD FloppyEmulatorって読んでたのは、正式にはHxCって言うものであると、最近教わりました。
#なので過去の記事もタイトル変更します。

続きを読む

HxC floppy emulatorを使う その1

  • 2010/10/12(火) 17:02:20


やっとこさ、こんな変換のケーブルを作りました、2つも。
手作り感、満載です。

それでPC-8801mk2SRに接続です。
SD Floppy Emulatorは本来2台分のFDDをエミュレートできるようですが、88などはDrive1、2とも独立して接続されているので、2台必要です。

ジャンパはどちらもATARI ST/Amigaなどと同じく、DS0/1/2のやつなので、シングルドライブのAドライブとして設定して、問題ありませんでした。

電源をいれると、DISK A、Bの選択が初めにありますが、当然DISK Aを選択。
次に挿入したいイメージを選択です。

まずは、DISK-BASICから。

BEEP音がなり、状態(ReadかWriteか)とアクセスしているトラックが表示されます。
問題なくBASIC起動しました。

適当なベーシックのプログラムを入力、セーブしてみました。

問題なくセーブされ、このあとnewしてから、

ロードしてみたり、

killして消したりとまったく問題ないです。
って当たり前かw

ディスクの入れ換えも簡単。真ん中のボタンを押すとEJECTです。
その後、最初のDISK A、Bの選択に戻りますので、同じようにイメージを選択すればOK。

続きを読む

スーパーマリオブラザーズ25周年をお祝いして

  • 2010/10/11(月) 13:00:41

wiiでマリオの25周年記念パッケージが出るなど、スーパーマリオ誕生から25年ですか。
おっさんになったなーorz

と、私も一応スーマリ現役だったので、お祝いしないわけには行きません。
それで、やってみました。



 わかりましたかねw

続きを読む

HxC floppy emulatorを電源入れてみた。

  • 2010/10/05(火) 08:14:18

まったく使わないのもおかしいので、とりあえずPC/AT機のFDD電源を利用して電源だけ入れてみました。ファームのversionも知りたかったので。

マニュアルに書いてありますが、5VとGNDしか使いません。FDDの4ピンのコネクタをそのまま差し込んで問題ありません(12Vところは使わないので)
で、起動だけしてみました。



こんな感じで画面が順次変わっていきます。
とりあえずひとつはversion1.3.0.0でした。
現時点での最新は1.3.0.2ですので、ためしにアップデートもして見ます。
ちなみにもう一個のは

もっとversionが低いorz
#ちなみにv1.2.0.0以前の場合はファーム以外にbootloaderのアップデートも必要です。

続きを読む

HxC floppy emulatorを使ってみる。

  • 2010/10/03(日) 21:26:33

まだ使えてませんが簡単にですが.d88のイメージが変換できるかやってみました。
SD floppy emulatorなどの動作に必要なファイルはすべてここで手に入ります。
マニュアルなども置いてありますので、購入を検討している方は先にダウンロードして読んでみてもいいかもしれません。
んで、このエミュレータは様々なイメージファイルをこのエミュレータで動作できる形式に変換してSDに保存してやる必要があります。
その変換するソフトが「HXC SD/USB」をクリックしてダウンロードできる、HxCFloppyEmulator_soft.zipです。
windows上のbainaryですので、解凍して実行してみます。

解凍すると、「flopimage_convert.exe」、「HxCFloppyEmulator.exe」、「hxcfloppyemulator_soft_release_notes.txt」の3つのファイルが「HxCFloppyEmulator_soft」のフォルダの中に展開されます。

「HxCFloppyEmulator.exe」をダブルクリックで起動です。


するとこんな画面で起動されます。
んで、このソフトですが、どうやらSDエミュレータのみでなく、USBタイプのエミュレータも操作するためのもののようで、USBタイプの場合はこのソフトで変換したデータをエミュレータに転送するようです。
SDエミュレータの場合はこのソフトの変換する機能だけ使用します。

具体的には、変換したいファイルをdrga&dropするか、「Load」から読み込み、「Export」で書き出すことができます。
書き出したファイルはデフォルトでは「元のファイル名+元の形式名(_d88とか).hfe」というファイルになります。
一応2バイトコードが扱えているみたいですが、SDエミュレータ側での対応はおそらくしていないのでファイル名は英数のみとした方が安全でしょうか?

まとめて変換したい場合は「Barch converter」をクリックです。

こんな感じになるので、Source directoryとTarget directoryを指定してやれば、上記の命名方法にしたがって勝手にまとめて変換してくれます。

変換を試した限りでは、2D、2HD(1.2Mbyte)は変換できるみたいでした。Nがいろいろ混在している場合なんかも変換されます。
#ちなみにまだSDエミュレータが使えてないので、正常に変換されているかは不明w

んで、このhfeファイルですが、d88で2Dのディスクはおおよそ340Kbyteですが、変換後は980Kbyteほどになります。(2HDとかはもっと大きくなります
また簡単にバイナリエディタで中をみましたが、どんな感じで変換してるか謎でした。
アスキーコードのレベルでさえも互換がないようで、ファイル中に認める単語(How many filesとか)でさえも見つかりません。

これらのファイルをSDカードに突っ込んで、SDエミュレータを接続するだけみたいです。
簡単ですよねって、ホントにこれで使えるのか?

では