FDSLOADERでいろいろやってみる その1

  • 2010/09/12(日) 12:09:32

最近、例のごとくジャンクをあさっていると、キーボード、説明書、ROMカセットのセットで「ファミリーベーシック」を発見。


1000円でしたが、オークションなどで送料がかかることを考えれば安い買い物かと思い、ゲットしましたw。

以前修理したツインファミコンを使用し、問題なく動作、確認できました。
んで、なぜかウチには「ファミコン改造マニュアルVol.3」がありまして、この中で以前から気になっていた、ファミコンのディスクベーシックの作成方法が書かれていました。

これはトンカチエディターが必要なのですが、簡単にいうと、
1.ファミリーベーシックのPRG、CHRをそれぞれテープに保存。
2.トンカチエディターで、保存したPRG、CHRをテープから読み込み、ディスクへ保存するプログラムを入力。
3.トンカチエディターで、保存したディスクの中身を改造。
4.ディスクでベーシック起動できる。

という流れ。
ファミリーベーシックは2Kbyte程度しか容量がないものが、一気に8Kbyteまで容量が増えるという裏技です。

んで、昔のごにょごにょした、トンカチエディターを突っ込んでみました。

ERR.22 orz
もう、どうにもならないかと諦めましたが、そういえば以前から時々FDSLOADERなるファミコンのディスクを読み込んだりできるものがあることを思い出しました。
これ、実はRAMアダプターに書き戻すこともできるので、なんとかならないかやってみました。

続きを読む