アタリ2800のハズレを手に入れてしまう。

  • 2010/09/24(金) 09:20:02

FDSLOADERの話はちょっと中断。

またも近所のジャンクをあさっていると、動作不明のATARI2800が!!!


ソフト2本付き(何が付いているかは不明)だったのもあり、これは自分に買ってくれと言われているに違いないと考え、即購入です。

家に帰り箱を開けてみると、マニュアルなどはないものの、本体、アダプターなどは揃っているよう。
気になったソフトは、箱なしですが、スペースインベーダーとナイトドライブというナイスな選択でした。

RF出力のボックスが壊れているようでしたが、それはファミコンので代用です。

んで、早速電源オン!

って、画面出ないorz
音もなっていないし、まあいつもどおりジャンクなので、分解ですよ。

続きを読む

FDSLOADERでいろいろやってみる その1

  • 2010/09/12(日) 12:09:32

最近、例のごとくジャンクをあさっていると、キーボード、説明書、ROMカセットのセットで「ファミリーベーシック」を発見。


1000円でしたが、オークションなどで送料がかかることを考えれば安い買い物かと思い、ゲットしましたw。

以前修理したツインファミコンを使用し、問題なく動作、確認できました。
んで、なぜかウチには「ファミコン改造マニュアルVol.3」がありまして、この中で以前から気になっていた、ファミコンのディスクベーシックの作成方法が書かれていました。

これはトンカチエディターが必要なのですが、簡単にいうと、
1.ファミリーベーシックのPRG、CHRをそれぞれテープに保存。
2.トンカチエディターで、保存したPRG、CHRをテープから読み込み、ディスクへ保存するプログラムを入力。
3.トンカチエディターで、保存したディスクの中身を改造。
4.ディスクでベーシック起動できる。

という流れ。
ファミリーベーシックは2Kbyte程度しか容量がないものが、一気に8Kbyteまで容量が増えるという裏技です。

んで、昔のごにょごにょした、トンカチエディターを突っ込んでみました。

ERR.22 orz
もう、どうにもならないかと諦めましたが、そういえば以前から時々FDSLOADERなるファミコンのディスクを読み込んだりできるものがあることを思い出しました。
これ、実はRAMアダプターに書き戻すこともできるので、なんとかならないかやってみました。

続きを読む

筐体へXBOX360をつなぐ サターンコントローラを変換 

  • 2010/09/06(月) 23:10:33

MAME筐体として稼動しているアトミス筐体ですが、当然ながらXBOX360も簡単に接続出来ます。
縦画面、XBOX360とくれば、シューティングですよ。

と、ここでシューティングの操作はやっぱり筐体でってことになりますが、この筐体のコンパネはセガサターンのバーチゃスティックプロ。

XBOX360は一時期ジョイスティックが手に入りにくくなり、かなりの人々がコントローラ乗っ取りで対応していたようです。ネットを辿ると多くのサイトで情報が簡単に手に入ります。

しかし!
それはすべてコントローラのボタンなどスイッチ部をXBOX360のコントローラへ直づけし乗っ取る方法です。
それではせっかくのバーチゃスティックプロをもう一回分解、半田しなければならいないという煩わしいことに。
その上、この筐体ではMAME側はDPPで接続しているので、コンパネ変えなきゃならなくなるなど、さらにさらに面倒です。

そんなわけでサターンコントローラの変換が販売されてないか探しました。

まったくないorz
PS2のはあるのにどうして?っていうか、あんなPS2のxxコントローラを変換してどうすんだ!?

というわけで、無いので作りました。

続きを読む