メガドライブ 32Xを買ってきた

  • 2010/06/20(日) 11:13:54

特に意図しているわけではないのですが、メガドライブ関係が続きます。

またも近所のハードオフで手に入れたものですが、
メガドライブ32Xが本体(?)だけで、210円でした。

こんな感じでメガタワーです。
残念ながら本体だけなので、メガドライブとの接続や出力するためのラインなどなく、またACアダプターもありませんでした。
ところがラッキーなことにACアダプターは10V850mAのものでSA-190Aという型番ですが、これもハードオフでゲット!なぜか本体以上の315円?
#ちなみに出力電圧などはメガドライブ2とまったく同様ですので、それでも問題ないはず。それは型番ではSA-190です。
それではとメガドライブとの接続ラインやRGB出力ケーブルなどを作らないわけには行きません。
んで、やってみました。
「東京RGBホスピス」を参考にケーブルを作成。
ミニDIN9ピンのコネクターが必要です。
32Xからの出力はメガドライブの欠点である出力が強すぎるRGBのまんまなので、CXA1145のデータシートに書いてあるとおり、75Ωと470μの抵抗、コンデンサをカマして配線。
あとどういうわけかC-Syncではsync出来ず、C-VideoからSyncをとりました。これも高出力のため、同様に抵抗、コンデンサを追加。
というか、これはメガドライブ2のケーブルとまったく一緒です。

んで、次にメガドライブから32Xへのケーブルも作成。
オーディオ用DIN8ピンとミニDIN9ピンを接続しましたが、GNDなどは本体でつながっているので、別に細かく配線しなくてもいいようです
#RGBとSync、Videoぐらいでいいのかな?

ソフトがなければ動作確認できないので、これまたジャンクを購入。

DOOMは間違って海外版でした。ソフトの方が高いorz
早速起動。



おおっ!問題なし。ハードオフすげー。
んで、調子に乗ってメガタワーをいろいろ作成。

これはメガドライブ2とメガCD2の組み合わせ。横幅が邪魔。
最高のメガタワーとまでは行かないですが、なぜかウチには「ゲーム図書館」と「セガチャンネル レシーバー」があるので、合体。
どや
メガモデムは後なので見えず。
この場合、ACアダプターが全部で4個必要という狂気の沙汰です。
では

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

「SEGA」伝説のメガドラタワーの最終形態を改めて解説してみた。

メガドライバーの中では広く知られているこの伝説のメガドラタワー。 これは迷機スーパー32Xの登場で完成された見事な合体の最終形態である。 この伝説は今ではネットで調べればすぐだが、当時はま...

コメントの編集

管理者にだけ表示を許可する